クレジットカード現金化は身分証なしでもできるの?

クレジットカード現金化の際、多くの場合身分証による本人確認が必須となります。
でも業者に身分証を渡すことで、個人情報を悪用されるのではないかと不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、身分証がなくてもクレジットカード現金化ができるのかどうかみていきましょう。

クレジットカード現金化に身分証が必要な理由

多くのクレジットカード現金化業者では、身分証の提示を求められます。
その理由は、クレジット現金化業者の多くが買取方式を採用しているためです。
買取方式とは、リサイクルショップなどと同じく中古品などを買い取って販売する方法です。
この方式は、「古物商」といいます。
そして古物商は、古物営業法を守って営業しなければなりません。
この古物営業法のなかで、買取の際の本人確認が義務付けられているのです。
そのため買取方式のクレジットカード現金化業者は、身分証が必須となります。
逆に買取方式なのに身分証の提示を求められない場合は、悪徳業者の可能性があります。

身分証が不要なクレジットカード現金化とは

近年、買取方式以外のクレジットカード現金化を採用している業者が増えてきており、こういった業者であれば身分証の提示を求められない場合があります。
その方法をいくつかご紹介しましょう。

キャッシュバック型

キャッシュバック型のクレジットカード現金化は、買取型と同じようにクレジットカードのショッピング枠で商品を購入します。
しかし購入した商品を買い取ってもらうのではなく、商品購入に対するキャッシュバックを現金で受け取る方式です。
そのため身分証の提示は必要ありません。

フリマアプリの利用

自分でできるクレジットカード現金化として、自分で購入したものをどこかに買い取ってもらうという方法があります。
その場合も、リサイクルショップなどを利用すると身分証の提示を求められるでしょう。
しかしフリマアプリを利用して自分で売る方法なら、身分証の提示は必要ありません。
ただし確実に高く売れるものを見極める必要があり、ハードルは上がります。

身分証を提示しても大丈夫と思える業者選びが重要

身分証の提示をためらう要因には、「大切な個人情報を明かしたくない」という思いがあるのではないでしょうか。
そもそも信頼できる業者を選択できれば、身分証の提示を安心してできるかもしれませんね。
クレジットカード現金化を検討している方は、まずは信頼できる業者を選ぶことが重要です。
信頼できる業者を選ぶには、以下のことに注意しましょう。
  • 買取方式の業者の場合は、古物商免許を取得しているかどうかを確認する
  • できるだけ長く営業を続けている業者を選ぶ換金率が高すぎる業者は避ける
このような点に注意して業者を選ぶと、悪徳業者に引っかかることをある程度防止できるでしょう。
悪徳業者でなければ、身分証を悪用される心配はありません。

まとめ

クレジットカード現金化は、買取方式ではなくキャッシュバック方式を採用している業者であれば、身分証を提示しなくても良い場合があります。
身分証を提示したくない場合は、キャッシュバック方式の業者を探しましょう。
身分証を提示したくない理由が、業者を信頼できないという理由であれば、信頼できる業者を探すことが重要です。
そもそも不安が残る業者にクレジットカード現金化を依頼するのは避けた方が良いでしょう。
クレジットカード現金化を依頼する際は、身分証の提示の有無に限らず、不安なく任せられる業者を選びましょう。