クレジットカード現金化に金券ショップを使う際の注意点とは

かつてはクレジットカード現金化の一般的な手法であった金券ショップの利用ですが、近年は色々な事情から難易度が上がってきています。
現在も金券ショップを使ったクレジットカード現金化そのものは可能ですが、要注意となっているポイントがいくつかあるため今回はそこを確認しておきましょう。

昔は当たり前だった金券ショップを使ったクレジットカード現金化

昔はクレジットカード現金化と言えば金券ショップを使う方法が大部分を占めていました。
それは換金率が安定して高い新幹線のチケットやギフト券をクレジットカードで購入して金券ショップに売ることが、もっとも簡単なショッピング枠現金化の方法として知られていたからです。
現在でもこの方法自体は有効ですが、あまりにも広く浸透してしまったせいで金券ショップを使ったクレジットカード現金化はカード会社に目をつけられやすくなっています。
ショッピング枠の現金化は普通に購入した商品を中古販売するだけの合法的な行為ですが、カード会社は社内の規約によってこれを封じ込めようと必死です。

金券ショップでのクレジットカード現金化で進む規制

クレジットカード発行会社に規約違反が発覚すると、最悪のケースではクレジットカードの利用そのものが停止処分となってしまいます。
他にも会員資格が停止させられるといったペナルティも受けることになるため、クレジットカード以外のサービスも利用していた場合は被害が非常に大きくなります。
また金券ショップ自体も買取の際のチェックを厳しくしており、すでに一部のギフト券などは事実上金券ショップで買い取ってもらえない状態になっています。
購入のルートに対しても同様で、そもそもクレジットカードで決済購入することが不可能なギフト券も少なくありません。

金券ショップで比較的安全に現金化できる商品

そうした状況の中でもクレジットカード現金化をどうしても金券ショップで行いたいという場合には、まだ規制がそこまで及んでいない商品を選ぶことが重要になります。
たとえばギフト券の中でも旅行券や観光クーポン券などはあまり規制の対象にはなっていません。
特定のリゾートグループで利用可能なホテル券などは比較的高額での転売が可能で、現金化の換金率を高めることもできるようになっています。
他にも株主優待券は券そのものに付加価値がついている場合もあり、オークションなどでも入手しやすいためクレジットカード現金化に向いていると言えるでしょう。

ネット上の金券ショップでならクレジットカード現金化も簡単

実店舗の金券ショップでは規制が強化されている一方、最近はネット上の金券ショップが注目を集めています。
ネット上には金券の買取を専門に行うサイトや、利用者同士の金券売買に使われる売買支援サイトなどが増えてきています。
こうしたネット上の金券ショップは安全性にはやや疑問があるものの簡単な登録で誰でも利用することが可能で、クレジットカード現金化に利用するのも容易となっています。
ただしネット上の金券ショップを使って現金化をするのであれば、最初からクレジットカード現金化を専門にする業者サイトに申し込みをしてしまった方が楽であるとも言えるでしょう。

金券ショップを使ったクレジットカード現金化について

近年、金券ショップを使ってのクレジットカード現金化はどんどん不自由になってきていると言っていいでしょう。
そのため特別な理由がない限りは金券ショップを使うよりもクレジットカード現金化業者を使った方が余計な手間もかからず安全に現金化を進めることができます。
すでに手持ちの金券と合わせて現金化をしたいといった場合には、現在の金券ショップの状況を踏まえた方法で現金化を進めるようにしましょう。